着物の種類

yumihamagasuri
【概要】
弓浜絣(ゆみはまがすり)は現在の鳥取県 弓ヶ浜地方で伝承されている、山陰を代表する絣の一つです。
江戸時代前期に農民の女性達が、仕事着や晴れ着、布団等の生地を用いて着物地、座布団、のれん、袋物などを主に生産していました。特に、藍の原料である綿が弓ヶ浜半島で栽培され始めたことから、江戸時代末期から大正時代まで最盛期を迎えます。しかし、機械による大量生産が可能になり化学繊維も発達したことから弓浜絣の事業者、技術者は減少しました。衰退の一途をたどる一報でしたが、1975年(昭和50年)にその地域性が生み出す独特の絵柄が認められ、国指定の伝統的産業工芸品として指定されました。その後、「浜絣あいの会」によって現在まで絣織物の伝統が受け継がれてきました。

この絣の特徴は、全国でも数少ない手紬手織のざっくりとした模様と厚みのある藍染です。円や三角、四角、十字等の幾何学模様で表した生活風景や草花、動物をモチーフにした素朴な絵柄が多くあります。その柄も、家族の将来の幸せを願った紋が使用されていました。例えば、女性が結婚して嫁ぐ際には嫁ぎ先でしっかり根差すようにと「碇」の模様を、子を授かった際には将来に羽ばたけと願いをこめて「鷹」の模様を愛情こめて織ったとい伝えられています。その独特の模様は、柄崩れしないように一本一本柄あわせを行いながら手作業で、絣くくり、染色を行い丁寧に織られているため、味わい深くなるのです。更に、農家の女性が織っていたこともあり、綿を使用していることで吸湿や保温性にも大変優れ、機能性も抜群で日本の風土によくあっています。

繊維業の機械化による画一的なものに対し、弓浜絣の手仕事で作り上げる作品に魅力を感じる人々が、近年では増加しています。綿の白と藍染の紺が作り出すコントラストは、日本古来から伝わる美しさであると再確認されているのです。一方で、作家の高齢化により生産が少なくなっており、需要に比例し高値がつくことが少なくありません。技術の継承が危ぶまれ、昭和40年(1965年)には弓浜絣保存運動が起こりました。それにあいまって、国の伝統的産業工芸品として指定を受けたことから、後世に伝統を継承していくために鳥取県弓浜絣協同組合の取り組みで国・県・米子市・境港市の助成金を受給しながら後継者育成の研修を開始しました。
今後も新製品の開発にも力をいれている次世代の若い職人の活躍に注目です。
着物買取り専用フリーダイヤル:0120-963-893