着物の種類

tatsumuraorimono
【龍村織物とは】
染色研究の第一人者であった龍村平藏が染色工芸界において優れた働きが認められ、芸術院恩賜賞を受賞し、1894年(明治27年)に龍村美術織物を創業したのがその始まりです。古典模様の華やかな西陣で知られている龍村織物ですが、その名が知られるまでには創業者龍村平藏の決して平坦ではない道のりがありました。平藏は、当初、今迄にない斬新な絹織物を作るという信念のもと、新たな技術開発を熱心に行い、ジャガード機を用いて発表していました。しかし、同業者による盗作が相次いだことから、会社の経営が危機に直面したのです。このことから、古来より発展し続けてきた日本の古代絹織物の伝統を研究し、その美的観点の追求こそが必要不可欠であると悟るのです。以後、平藏は絹織物の研究と織物美術創作の伝統を努力の積み重ね、芸術的な美しい作品を制作していきます。その素晴らしさに、作家 芥川龍之介も絶賛し当時の東京日日新聞に賞賛の記事を寄せた程です。古代織物の独創と復元、そして美的観点を追求する龍村だからこそ、その巧みな技術力と感性が生みだすことができるのです。

【龍村織物の魅力】
西陣の美しさを誇る龍村織物の魅力は、緻密な且つ大胆な構図にあります。特に、立体感のある帯は、当時ではあまり主流ではありませんでした。まるで彫刻のような奥行き感により圧倒的な存在感が生まれ、古代織物の研究により培った日本の伝統的な古典文様の華やかさとあいまって、格式の高い気品が感じられます。艶やかななお振り袖にも、最高の華やかさを加える岳でなく、色留袖、訪問着、色無地でも奥ゆかしい気品を与えてくれます。また、現在では帯以外にも、その緻密なデザインを余すところなく、ドレス、タペストリー、バッグ、ネクタイ等、多種多様な製品を手がけており、着物の装いでないカジュアルなファッションでもご利用頂きやすくなっています。更には、祇園祭りをはじめとする、全国各地の催事に使用する刺繍で飾った懸装品や、高級ホテルや旅館、結婚式場の壁装等のインテリアファブリックを発表。その活躍の分野にとらわれず、絹織物の可能性を無限に広げています。

【世界各国でも賞賛される絹織物】
龍村平藏氏の熱心な絹織物の古典研究と長年の努力で、各種の秘技が現代に再現されてきました。古代の秘技を再現させ、蘇った織物の美は、日本で圧倒的な知名度を誇っています。その美しさは、クリスチャン・ディオールも惚れ込んだほど。彼は、1954年(昭和29年)に自身のコレクションに採用しました。「早雲寺」の模様を用いたバッグ等がその代表です。このことにより、世界に最高品質の絹織物と認められ海外進出を見事に果たしたのです。日本で絹織物の中でも最高峰と認められた龍村織物は世界の職人にも認められ、現在でもその名声を高め続けています。
着物買取り専用フリーダイヤル:0120-963-893