着物の種類

satumagasuri
【概要】
薩摩絣(さつまがすり)とは、現在では宮崎県を中心に九州で生産されている最高格の木綿絣を指します。
その歴史は江戸時代に遡り、薩摩藩主の島津義久が幕府に献上したことが、薩摩絣を明記された最も古いものとされます。当時は薩摩藩の統治下であった琉球王国で生産され、薩摩を経由しで販売されていたことから、時に琉球絣と呼ばれることもありました。大島紬や結城紬の着物を網羅してしまった上流階級の人々が最終的に行き着く綿着物と賞賛されるほど、格式が高いものとされていました。明治へと時代が変わった頃、人々の一般的着として流行しましたが、戦後より綿織物の衰退の影響により生産が少なくなりました。現在でも生産する東郷織物の三代目 東郷治秋が、機織りのように機を使用して織り上げる「締機」を開発したことで、再び織り始められるようになったのです。東郷治秋は奄美大島出身で、地元である大島紬の技術を織り込んでいきました。大島紬と折の工程はほぼ同じですが、大島紬は絹織物、薩摩絣は綿織物とゆうことです。木綿でありながらしなやかで上質。無視されがちで合った木綿の着物の価値を東郷織物は引き上げました。東郷織物の後の四代目となる永江明夫もまた、高度経済成長時にもその伝統を忠実に守り続け後世に技術を伝えています。永江明夫の「何世代でも残る織物を制作し、それに自分が生きた証を残したい」とゆう思いは作品にも反映され、制作されたものは三世代まで使用できるものと賞賛されるほど良質な着物地を実現させています。

薩摩絣は、紡績糸八十番奴糸とゆう大変上質で細い糸を使用し織締めを行う絣括りが特徴です。織締めとは奄美大島の大島紬でも用いられる技術で、染色するうえで、よこ糸とたて糸を平織りすることで防染する技術をいいます。このとき、たて糸とよこ糸の交わる部分が染色されず白く残り、この部分が模様となります。また、細い木綿糸を使用しているため、力むと糸は簡単に切れてしまい、織り職人には熟年の感覚と高度な技術が必要となります。特に錦薩摩は一反に一年の制作時間を有します。気の遠くなるような地道な工程が多い中、職人が手を抜くことは一切ないのです。こうして生産される薩摩絣は大量生産することなく大変丁寧な仕上がりで、薄く絹よりも柔らかい特徴があり、最高品質の木綿絣として着物地に用いられているのです。藍染と草木染によるやさしい色合いは、日常の生活にも自然に溶け込みます。
着物買取り専用フリーダイヤル:0120-963-893