着物の種類

meisen
【概要】
銘仙とは一般にいう平織り(縦糸と緯糸を交互に浮き沈みさせて織っていくもっともシンプルな織り方)で、摩擦に強く丈夫で大正から昭和にかけて主に女性用の普段着やお洒落着として日本全国に普及しました。特徴としては縦糸と緯糸染め色をわざとずらすことによってその境界線がぼやけたような柔らかい風合いに仕上がります。このような織物の技法を「絣」(かすり)といいこれもまた全国的に人気のあった当時の流行でした。銘仙は伊勢崎銘仙、足利銘仙、秩父銘仙が特に有名でそれぞれ地名にそって名づけられています。

まず、群馬県伊勢崎市が発祥で大正から昭和中ごろまで、関東首都圏や関西地方を中心に女性着物のほとんどを占めた伊勢崎銘仙。素朴で庶民的、親しみやすく、デザインも上品で繊細なものから自由で大胆なものまで、実に幅が広く、着物の制作に携わった職人たちの自由な創作精神が伝わって来るような風合いがあります。

同じころ、織物の生産高日本一を誇っていた栃木県足利市発祥の足利銘仙。当時の足利は日本中に一大ブームを巻き起こしていて、日本橋の一流百貨店などでも売られていたほどでした。人気の大きな理由はそのデザインと宣伝力にあったようです。京都から優れた図案や染職人を呼び寄せて、一流の画家や大女優を広告塔に抜擢するなど当時としては大規模な宣伝が行われ銘仙繁盛期を引っ張っていました。

秩父銘仙に関しても繁盛期はおなじ大正から昭和中に埼玉県秩父市でつくられていました。当時はこの地域の住民の7割が養蚕業等を含める織物産業に従事していたといわれていることからもいかにこの地域の織物産業が栄えていたのかが伺えます。

銘仙の作業工程は非常に細かく分かれており当時の織物産業の技術力の高さを垣間見ることができます。中でも有名な柄銘仙は「ほぐし織」という技術を使って織られています。経糸に直接型染めをするので、大胆で大きな柄を描くことができます。着心地の良く軽い布で表裏がありません。経糸の模様が緯糸の色と重なり合い独特の深みある色を出すことができるのも1つの特徴です。

【工程】
・「仮織り」白い経糸をずれない様に仮織りします。
・「捺染」糸に型染めを施します。
・「蒸し」色(染料)を糸に定着させる為に蒸し箱で蒸します。
・「乾燥」タンブルで乾燥させます。
・「巻き返し」経糸を一度巻き返します。
・「本織り」予め織った仮織りを取り除き(解し)ながら本織りをします。
着物買取り専用フリーダイヤル:0120-963-893