着物の種類

kyouyuzen
【概要】
考案者でもある扇絵師の宮崎友禅斎の名前をつって名づけられた京友禅は元禄時代に作られた織物の染織方法です。
絹で作られた織物の、真っ白な状態のものに絵を描き、その跡に染め出すという手法のもので、京都の一級河川、鴨川の水でさらすことでカラフルな色合いを鮮やかに出すということで知られています。この京友禅を主体とし、現在の石川県につたわったものが加賀友禅にあたります。京友禅(友禅染めともよばれる)が出現するまでのきものは染織し模様をつける方法が限られていました。主に刺繡、金箔などを貼り付ける、絞り染めや板締めにするというもので、生地自体のよさを損ねてしまうものばかりでした。しかし宮崎友禅斎が発案したこの技法は好きな絵柄をそのまま布に染めて入れてしまうことができるという画期的なもので、絵柄の淵の部分をのりで固め染まらないようにし、その隙間をさまざまな色で染める、というものでした。もともと扇絵師である友禅の考える絵柄は、遊び心があり一見普通の絵のようですがじつはその先に別の意味があるといったものなど、人々の心をひきつけるデザインでした。そのようなデザイン性の高さも人気を博した理由のひとつといえます。しかしながら当時の友禅染のきものは生産量もとても少なく超がつくほどの高級品で、将軍家、大名、富豪などのごく一部の人々に供給される程度でした。明治時代に入ると科学染料や工業の発達を背景に江戸時代と比べると大衆化が進みました。色糊と呼ばれる染めるための色が糊に混ざっているものが登場し、染織と防染と言う作業を一度に行えるということができるようになります。この画期的な糊が登場したことによって、友禅染は大きく進歩することになります。従来、糊はただ染めたくない部分を守るためだけに使用していたので、絵柄部分に糊を塗って白のままに残し、地色を染めたあと糊を洗い流し、糊を塗っておいた絵柄部分に、絵柄を描くという工程が、糊に色が入っている事によって、絵柄を描くと同時に地色を入れられていることになり、一度に絵柄と地色を染める事が出きるようになりました。この方法は写し友禅と呼ばれ、友禅は大量生産が可能になりました。しかしそれ以上に手書きでは不可能だった複雑な図柄を型によるシャープなデザインで実現できるようになり、京友禅の絵柄は飛躍的に発達したのです。歴史とともに進化してきた京友禅だからこそ今の時代にも愛される代表的名着物として残っているのかもしれません。
着物買取り専用フリーダイヤル:0120-963-893