着物の種類

kinsyachiriman
【概要】
きものの着尺、羽尺、裏地などに使われる生地で、大正時代前後に全国で流行したものです。
特徴としてはしぼと呼ばれる表面の凹凸が細かく滑らか、そして光沢のあるという点があります。略称として錦紗と呼ばれることもあります。主な産地としては京都府の丹後や滋賀県の長浜地方など縮緬きものの生産で有名な土地があり、優美で大胆な色使いが多く見られます。

明治以降廃藩置県が施されると現在の京都府北部に当たる豊岡県が特産品として錦紗縮緬の生産を保護するなどという動きがあり明治維新後の混乱からたち直り、明治初期にはこの地域で生産された縮緬着物が境的評価を受け、1983年のウィーン万国博覧会では豊岡県産の絹縮緬が受賞をするなどその名を知られるきっかけとなりました。昭和に入るとこの地域の縮緬は黄金期を向かえ大変な人気を博しましたが、太平洋戦争の勃発を受け、ぜいたく品の生産が禁止され、生糸の指定生産などが長く続き昭和30年代に入るまで錦紗縮緬のせいさんをすることができなくなりました。戦後は産業の発達とともにもてはやされピーク時は年間1000万反を生産しましたが、異文化の西洋化の影響で和服自体の需要が低くなり、2000年代にはいるとその生産量は50万反ほどになりました。

ちりめんという織物は経糸に生糸で平織のものを使用し、緯糸には非常に強い撚りをかけた糸を使用しました。右撚りと左撚りを交互に織り込んで織り上げ、表面に細かい凹凸を施す手法のことを言います。手で触れてみると大変やわらかく、着心地も軽やかなきものです。弱点として、水に弱く、縮んでしまうという欠点がありましたが、昭和に入ると縮まない縮緬の研究が進み改善されました。特にアンティークの錦紗縮緬はデザインや色使いが独特で人気が高いです。原色系の明るい色使いのものに花や鳥、木々などを大きくあしらったものが多く、大変華やかなデザインのものが主体です。晴れ着として着られることが多くなった現代では「これぞきもの!」という色使い、デザインのものがこの錦紗縮緬ではないでしょうか。
きものとして着れなくなってしまったものであってもハギレとして人形に着せたり小物の一部に利用したりと現在でもとても重宝される絹織物の一種です。現代に入ってからの縮緬は主にシルクかポリエステルまたはそれを含む複合素材で作られますが、前者は軽くしなやかで保温性、通気性も高く、後者はしわになりにくく手軽に洗濯できるなどの特徴がある。
着物買取り専用フリーダイヤル:0120-963-893