着物の種類

kagayuzen_bnr
■加賀友禅について
江戸時代の中期から百万石で有名な加賀藩でさかんに生産されていた友禅です。京友禅の流れを汲む加賀友禅は元々加賀藩で作られていた加賀御国染をベースに京友禅の宮崎友禅斎があみ出したものと言われています。
その特徴としては文様と色彩が挙げられます。
文様は絵画調で美しく、自然の描写が多く取り入れられています。花や草から鳥がモチーフになることが多くとても煌びやかな図柄となっており、図案調の京友禅と比べると、落ち着きのある趣があります。加賀百万石で栄えた武家社会の影響であると考えられますね。花鳥山水からなる構図を数多くの作家が手掛けており、着るだけでなく見ることも楽しみ方のひとつであります。 もう一つの特徴である色彩は古代紫、草、藍、黄土、えんじから構成される「加賀五彩」と呼ばれる5色が使われています。この加賀五彩が唯一無二の淡く艶やかな独特の雰囲気を生み出しています。また五彩は同じ産地である九谷焼でも採用されており、加賀地方の特色であるとも言えます。
文様や染色以外の技法としては日本独特の様式美である「虫食い」や「先ぼかし」など特徴的な物が用いられています。特に先ぼかしは葉の外側から内側に向かってぼかしを入れていることが特徴です。また後加工が少ないことも特徴の一つです。
作業工程が非常に多く、一つ一つの工程に熟練の技術が必要とされています。製作工程の一つである余分な糊や染料を洗い流すために行う「友禅流し」は地元の石川県金沢市では有名です。これらの多様で手の込んだ技が加賀友禅の価値を生み出しています。 他の着物に比べると落ち着いた印象で地味な雰囲気があります。ですが伝統的な技法を丁寧に用いて1点1点制作するのに非常に手間をかけて作られた着物は着物が持つ本来の優雅さや美しさを演出しています。
■手描友禅について
一般的に手描きで描かれ、決まった工程で制作されてものが加賀友禅とされています。これに対して現代では一部の技法や工程を省略し、加賀調と呼ばれるものがあります。廉価版にあたる着物です。廉価版と言っても決して品の悪いものではありません。高価なきものには手が届かないけれど、加賀友禅の色彩や技法を楽しみたい方は加賀調を選ばれてみてはいかがでしょうか。
■きもの以外のもの
友禅以外にも友禅の技法を取り入れられた工芸品があることも一つも特長で、屏風やのれん服飾小物まであらゆる商品が作られています。着物以外でもこの美しい文様を楽しむことができます。
  • 加賀友禅の着物
    2014年12月12日
    加賀友禅の着物
    い柔らかな仕上がりの中にも、単調さを感じさせない作品となっています。
  • 加賀友禅の着物
    2014年12月15日
    加賀友禅の着物
    スッキリとした配色のきものでありながら、柄がうまく引き立つています。
着物買取り専用フリーダイヤル:0120-963-893