着物の種類

hakusantsumugi
【概要】
北陸地方は石川県の白峰村で織られる紬、それが白山紬と言われます。
現在の牛首紬と同じルーツではありますが、白峰村で操業していた機屋さんが昭和初期に廃業となってしまい、その後ほかの機屋さんが商標を譲り受けて、「白山紬」という名称で生産するようになりました。
また、明治時代まで白峰村が牛首村と呼ばれており、その近くにある手取川の岩石の計上が牛の首に似ているという事から名付けられたともいわれています。

現在は金沢市にある織元独自の登録商標となっており、白山紬は力織機で織られる紬織物で商号登録がされています。この紬は紬糸の製法ではなく、玉繭をのべ引きという手法で製糸します。反物に織った場合には、反物の所々に節と呼ばれる太めの糸が織込まれているのが独特の風合いとして好まれています。(傷のように見えますが、そうではありません。) 白山紬は力織機で織られたもので、高価な牛首紬とは異なりますが、やはり風合いは良く似ています。頑丈な地風、染め上がりの艶、そして裾さばきのよさなど、牛首紬に負けない豪華な質感があります。紬でありながら非常に光沢があります。

玉繭から作った玉糸はくず繭にはいるため上等な織物とはいわれませんでしたが、現在では他にない特徴ということで評価が非常に高まっています。
その特殊な技法により、「釘にひっかかっても破れない」「逆に釘が抜けてしまうほど」ということが言われ、別名「釘貫紬」と称されることもあります。 非常に光沢があり丈夫で、しっかりした生地なので、着物に仕立てたとき裾捌きと肌触りがよく、風合いの良い着物になります。絞り染めの下生地にも使われます。また、風呂敷などにも非常に好まれる素材です。風呂敷の素材は大きく分けて「紬」と「縮緬」がありますが、切手盆や広蓋と合わせて使用する場合は紬がより好まれます。
縮緬のものは手触りは柔らかく魅力的ですが、縮緬で紋入りにした場合等はコストが高くつくこと、そして触った感触が柔らかすぎるという意見もあります。そのため紋入りの風呂敷としては白山紬の風呂敷が強度的にもコスト的にも優れていると言われます。
絹と紬について補足すると、絹は蚕の繭からとった天然繊維で、蚕が体内から吐き出した極細の糸を数本揃えて糸にしたものを言います。紬の産地は日本各地に多くありますが、産地によって、その作り方が異なります。同じ繭からつくった糸でも、光沢や厚み、風合いに違いが出ます。
着物買取り専用フリーダイヤル:0120-963-893