着物の種類

gujoutumugi
【概要】
岐阜県の郡上八幡地方で織られている紬です。この地方の庶民の間では古くから屑繭をためて紡ぎ、手機で織る「地織り」と呼ばれる自家用の紬が織られていたそうです。
普段着として着用されていたこの紬は、明治時代以降、生活様式の変化が影響し衰退の一途をたどっていました。しかし一度は消えかけたこの伝統的名織物技術を後世に残そうと人間国宝である宗広力三氏が再興のため工夫を重ね現在の姿を作り上げたのです。宗広力三氏は受け継がれてきた伝統的工程を守りつつ新たに生み出した技法を加え郡上紬の名に恥じぬ逸品を完成させたのです。質の良い春繭(はるこ)からとれる糸を、植物染料を使用して染め、織り上げられます。郡上でとれる植物染料、茜、苅安、阿仙、藍といった原料を使い、幾度となく繰り返し染める手法がとられており、宗広力三氏が考案した「どぼんこ染め」という染織により、深みと温かみのある素朴な色合いの、丈夫な糸を作ることが出来ます。縞織(しまおり)と絣織(かすりおり)が代表的で、縦糸と緯糸の色の微妙なグラデーションが美しい織物や幾何学柄の織物が生まれます。 随筆家の白州正子氏が、世間に名を広めた郡上紬は、広く知られ需要が高まっても決して大量生産をせず、丁寧な作品と伝統を守っている幻の紬といわれています。郡上紬の再度世の中の注目の的にした宗広力三氏による「どぼんこ染」、「初音絣(はつねがすり)」、「紬縞織」、「絣織」は高い評価をうけ、昭和57年に国の重要無形文化財に認定されました。現在もご子息である宗広陽助氏によって受け継がれており、素朴ながらも奥深い美しさのあるとても魅力的な織物として、人気を博しています。全国のきもの愛好家のかたがたからは「着れば着るほど心地がいい」と大変評判がよく、その独自の温かみや深く落ち着いた配色が人気の秘訣でもあります。

【工程】
郡上紬の大きな魅力はやはり草木染と宗広力三氏が考案した「どぼんこ染」によって生み出されるぼかしの聞いた深い色合いです。染料に使用する糸を垂直にいれ繊維が水分(染料)を自然に吸い上げる力を利用し、染料を減らしたり糸を引き上げたりしながら絶妙なグラデーションを表現する技なども他に類を見ない技法です。糸、染料、デザインにこだわりぬき、大量生産を避け一枚一枚丁寧に作られ、研究を重ね新たに生まれ変わった郡上紬は洗えば洗うほど深みの増す、なんとも日本らしい趣と風合いが感じられる伝統工芸品なのです。
着物買取り専用フリーダイヤル:0120-963-893