着物の種類

bingata
【歴史】
紅型の起源を明記した記録はありませんが、15世紀ごろには作られていたと推測されています。かつては琉球王朝で生産され、日本の友禅染や近隣諸国の中国・東南アジアの影響を受けながら琉球の「東南花布」として栄え始め、琉球の重要な交易品となりました。その特徴的な鮮やかな黄色は、当時中国でも上流階級のみ使用する位の高い色とされていたので、その影響を受けていたと考えられます。王族は祝いの席でや礼服、普段着、中国皇帝のために派遣した使節団の踊衣装など、華やかな場で着用されていました。しかし、明治になり廃藩置県が行われた際に、琉球王国の支援を失ったことで次第に生産量が減少していきます。紅型をあまり着用しなかった一般の人々には、色鮮やかな絵柄が嫌厭されたといいます。しかし、国内の美術工芸関係者に美しい絵柄と南国ならではの彩色方法が賞賛され、彼らの手によって戦後までその伝統が継承されることになります。中でも戦後の混乱の中、復旧作業に熱心に取りくんだことで有名なのはびんがた工房14代目の城間 栄喜です。彼は、多様な型紙を探し求め、新たな技術を織り交ぜ、着物はもちろん、ネクタイやハンカチ、スカートなど、米軍兵を対象に様々な洋装や小物を生産していきました。その後、城間は海を渡り日本本土の鎌倉 芳太郎に紅型を譲り、再び復旧作業を進めていくことになります。

【特徴】
顔料を使用することで、色鮮やかな独自の色彩感を生み出している点と、型彫りの際に型生地を数枚重ねて彫る、突き彫りを採用している点が紅型の特徴です。顔料とは、耐水性がある鉱物性の粉末です。紫外線を浴びても変色せず、艶のある光沢が続くのです。また、伝統的な技法の突き彫りは柔らかで味のある線を可能にしています。模様の特徴は、中国の影響で鳳凰や龍などの絵柄が、黄色の華やかな色も伝わったと推測されています。また、季節感のない柄も多く、これは亜熱帯地方の沖縄ならではだと考えられます。季節感のあるハギや雪の結晶などの模様は、幕藩体制がとられていた頃、支配下であった薩摩藩の影響があると考えられます。 【作業工程】 染色の技法は模様となる型を作り染めあげる「型染」と糊を模様となる箇所を縁取るようにして色を挿す「筒描き」の二種類ありますが、今回は代表的な技法の前者をご紹介致します。(実際には職人によって作業の工程がさらに多くあることもあり、それが各工房の特色となっています。)
まず、模様となる型紙を制作していきます。古典的な柄をモチーフにしながら草花や動物などの図案を制作し型を彫り完成させます。そして、紗と呼ばれる網状のガーゼのような布を型が抜け落ちないようしっかりと貼り付けます。その布の上に、糊を均一に伸ばしていきます。この糊は餅粉をぬかでできています。こうして型されたものに更に大豆の出汁から作られた豆汁を水で薄めたものを布一面に広げ、型を完全に定着させていきます。ここまでの工程でようやく基本となる型が完成し、色挿が始まります。紅型の特徴として、鉱物性の顔料を細かく砕いたもの多彩に組み合わせ使用していきます。色挿しが終わると隅取りと呼ばれる、ぼかしを入れていきます。色挿しで使用した色よりも濃い色を入れることで立体感がでるようにしていきます。この工程を終えてから、色を定着させるために蒸し器で蒸します。そして、蒸しあがったものを水に長時間ひたし、丁寧に糊をはがしていきます。ここで完成ではなく、糊をはがした生地に、次の工程である地染めで染色したくない箇所に更に糊を置いていきます。既に絵柄がある状態での作業なので、大変慎重な作業です。この工程を終えて、地染めを行い、更に蒸し、糊を水で流して完成となります。
着物買取り専用フリーダイヤル:0120-963-893