着物の種類

basyouhu
【概要】
琉球王国、又は奄美大島の特産品で、現在の沖縄県大宜味村の喜如嘉がふるさととして知られています。古くから作られていた織物ですが、初めて記録として歴史上に姿を現すのは1893年に弘前藩出身の役人・笹森儀助によって書かれた「南島探検」で、これには大宜味間切の名産として木綿飛白(絣の一種)とは別に芭蕉布の文字を見ることが出来きます。しかし当時の生産のほとんどは家庭用でこの地域の外に出ることはめったになかったそうです。その後1895年に仲原ナベという女性の手によって当時無地や縞模様が主流だったものに初めて絣柄の入ったものが作られるようになります。国の重要無形文化財に指定されているこの伝統織物技術を保持しているのは現在沖縄県在住の平良敏子氏です。1905年ごろ、氏の祖父に当たる平良真祥が花織や絽織を学ばせたことから氏は芭蕉布をこの地域の特産品として後世に語り受け継がれるものへと導いていきます。1907年に大宜味村の根路銘で品評会が開かれたことを皮切りに、副業としての生産が進められるようになります。原料にもなる芭蕉は生命力が大変強く、耕地の少ないこの地域では大変扱いやすい原料であったことと、男手が村の外へと出稼ぎに行くようになったことから、残された女性の仕事として奨励されるようになったという背景があります。あまり外部との接触が少なかった当時島国生まれのこの織物は独自の発達を遂げていき、主に経絣で規格などは特に設けられていませんでした。昭和に入ると品質や生産量が飛躍的に向上し、特に喜如嘉産のものは品評かでも一目置かれる存在となりました。しかし出来上がった布は安く買い叩かれ、この地域の女性の生活を潤すことはありませんでした。そのため喜如嘉区長・平良真次が大宜味村芭蕉布織物組合し品質の向上や、生産者に還元される仕組みを作ろうとしますが、太平洋戦争勃発を受けて中断させられます。
戦時中あまり激しい空襲は受けなかったこの地域は戦後まもなく芭蕉布の生産が再開されます。米軍の命令により共同作業で作られ、出来上がった布は参加者らの間で分配されたそうです。しかしまもなく台風の影響でこの工場も閉鎖されます。重要無形文化財の保持者、平良敏子氏は当時、岡山県倉敷市の倉敷紡績北方工場に勤めており、織物や染めの技術を学び1946年に帰郷、その後は復興のため人材を募りますが、当時織物は生業としては成立せず、彼女の道は険しいものと思われました。しかし自身で品評会等に出展し、様々な形で高評価を得ます。そのことも後押しして沖縄在住のアメリカ人に向けたヒット商品を作り出し、芭蕉布の立場と高品質な印象を確立させました。
着物買取り専用フリーダイヤル:0120-963-893